カテゴリー
未分類

辛口のかりんとう

 とどのつまりは「酒に合う」味のものでなくてはならぬのが、我が教室。  酵母かりん糖と言えども、例外ではなく、黒蜜、白蜜も、まあ、よろしいが、やはり一番うまいのは「辛口」だれをからめたもの…という結末。  甘くないかりん […]

カテゴリー
未分類

鮎の一夜干し

 淡白な味わいの川魚が美味しく感じられる季節ですね。  田舎の清流を思い出します。家族いっしょに、弁当持って、魚採りにでかけたものです。  「釣り」じゃないのよ。網を持っていくの。だから、「魚採り」。  きれいな、きれい […]

カテゴリー
未分類

葉トウガラシ・その後・おまけつき

 ちょっと前まで、白い花をつけていた葉トウガラシ。  最近は、可愛い小花が、青唐辛子へと成長しました。  このくらいの時期の葉トウガラシが、一番好き。なぜならば、新鮮な青唐辛子のオマケつきだからです。  1束、百数十円の […]

カテゴリー
未分類

昨日の夕暮れ時

 昨日の夕暮れ時。  ほんの一瞬ですが、空全体が、きれいな紫色に染まりました。  美しい光と影は、一刻たりともとどまらず、光も影も色も、どんどん変化し続けて、夜になりました。  地球って、ホンマ、すごいスピードで回ってい […]

カテゴリー
未分類

デザート梅干し

 お茶請け用に作った甘酸っぱい梅干しです。土用干を済ませたので、梅シロップに漬け込みました。  ほんのり塩味、甘酸っぱい梅干しのお菓子です。  昨日の教室で試食に出したら、好評でした。ついでに、酵母かりん糖も、好評でした […]

カテゴリー
未分類

お教室でございます

 昨日の暑さは、半端じゃなかったですね。熱中症続出だったのかしら、救急車が、あちこちでピーポーピーポーと、忙しそうでした。  暑いけれど、お教室でございます。 「酵母かりん糖」やります。道中、お気をつけていらしてください […]

カテゴリー
未分類

やさいで捏ねるクラッカー

 一昨日の早朝(4時半)に、庭の木から、カナカナの鳴き声が大音響で聞こえて来ました。  あの物悲しい鳴き声も、枕もとに近い場所で放たれると、暴力的目覚まし時計の爆音みたいで、驚いて飛び起きました。  気も早く、梅干しの土 […]

カテゴリー
未分類

おかしな酵母パン駄菓子屋横丁

 また東北で大きな地震が起きてしまいました。  被災された方々、心から、お見舞い申し上げます。  南部せんべいや、岩手のあたりに、どうも日本の小麦食文化の根っこがあるように感じていて、「手焼き南部せんべい」を焼ける南部鉄 […]

カテゴリー
未分類

甘酢からし味噌

 初夏になりかけの温かくなったころ、教室で仕込んだ甘口の白味噌。  どーせ、少ししか使わないから…と、大豆1k程度の仕込みでしたね。  みなさんのは、まだ、冷蔵庫の中で待機中ですか?  私、昨日、やっと使い初めました。甘 […]

カテゴリー
未分類

酵母パン駄菓子屋横丁・酵母のかりん糖

 手書きの原稿下書き(というよりは、意味不明の単語の羅列)も、夢の島から出てきたし。  春から、「休業中」だった「お菓子屋」さんを再開店。  今まで出した酵母パンの本に取り上げたアイテムから、ことごとく外された可哀そうな […]