焼きチーズケーキ

LINEで送る

 まいどっ!

大サービスで本日二度目の登場、森のパン屋さんの焼き菓子第三弾。

焼きチーズケーキでございます。

写真の物は小型のガレットにしていますが、18cm〜20cmくらいのタルト型で作れます。

まず、タルト生地。無塩バター100g、薄力粉200g、卵1個、塩少々、砂糖はお好みで大匙1から大匙5くらいまで、OKです。

ボウルに砂糖、粉、塩を入れてかき混ぜて、サイコロに切ったバターを入れて手のひらでこすり合わせてサラサラにします。溶いた卵を加えて軽く混ぜてひとつにまとめます。ポリ袋に詰めて、冷蔵庫で1時間ほどおねんねさせましょう。

フィリング;クリームチーズ250g、砂糖大匙6、レモン汁半分、バニラ少々、卵1個。クリームチーズを温かい所に置き、柔らかくします。すべての材料をボウルに入れて、滑らかになるまでかき混ぜるだけ。

型にタルト生地を敷いて、170度で20分ほど空焼きします。そこにフィリングを流し入れて170度で30〜40分ほど焼きます。

タルト皮の上に好みの果物を敷きつめてから、フィリングを流して焼くといいでしょう。

今回はリンゴのイチョウ切りを耐熱皿に入れて、上からラム酒、レモン汁半分、砂糖少しをパラパラかけて、タルトの皮と一緒にオーブンに入れて、同時に焼きました。

リンゴからにじみ出た水分はすてずに、水気を切ったリンゴだけをタルトに並べて、フィリングを流しこんで焼きました。焼き上がったら、リンゴからにじみでた水分をシロップに見立てて、刷毛で表面に塗ります。

冷蔵庫で冷やしてから、温めたナイフで切ると、きれいにカットできますよ。

タルト皮作るの、メンドーだったら、フィリングのチーズクリームを焼くだけでも十分美味しいです。(ココットやパイレックスなどの耐熱容器に流し入れてください)。

とか、何とか、言っちゃってさあ。実は…。

午後5時30分。少し、ほの暗い光で、どれくらい撮れるかな…・と、ただ単に写してみたかっただけ…だったりして。

けっこう、ちゃんと写っているじゃん。でも、もう少し、黄ばんでほしかったな。夕方も、ほの暗くなると、ちょっと青っぽくなるのかな?早朝も、そうですけどね。

睡眠不足のお疲れモードで、珍しい事に1時間ほど昼寝したのよ。そしたら、東京・国分寺のうちの庭に、クマが出る夢を見たぜえ〜!

私の夢の中では、よく、クマさんとか、ライオンさんとか、ラクダさんが、偉そうに出没しては闊歩するのです。
この前は、イノシシが、向こうからこちらめがけて、すごい勢いで走り寄ってきて、怖かったよおおおおお。

夢に出てくる動物は、自分が持っている凶暴性の表れ…とか、以前に読んだことあるけれど。

クマか…。クマ、よく出てくるなあ。熊かよー、今の私…。