本日二度目、ベリーぱぱに捧ぐ

LINEで送る

 本日、二度目の投稿。

 なーんとなく、意地になってスモーク・ラムをミディアムにしあげました。

 でも、やっぱり、いそぐとよくないね。漬け込み(塩漬け)も、熟成(常温に数時間置く意味)も、なんだか、ぜーんぶ、はしょって短縮しちゃって。ミディアムには仕上がったけど、味は、ただの普通のラムローストに近い感じ。(別な意味で、二度目の失敗)。スモークラムの意味深長な、うまみ深みがぜんぜんないんだよ…。

 そのうち、今度こそ、3度めは、マイペースで成功させます。

 あ、そうそう。私、前に、英国のミントソースを馬鹿にしたけど(今でも、ばかにしているんだけど)、でも、心を入れ替えて(本気で入れ替えるわけねーだろ)、本日はその手抜きレシピをのせます。(静、なみこ、よーく読んでおけよ!)

 出来そこないのスモークラムとか、まずくできちゃったローストラムとかには、ミントソースが良く合います!(…。やはり、心は入れ替わっていないかも)。

レシピ:ドライハーブミント10g、レモン汁と白ワインビネガーを半々くらいに合わせた液を150cc、砂糖大匙1(または蜂蜜大匙2)、塩小さじ1.これを全部ごちゃごちゃに混ぜ合わせておくだけです。(フレッシュミントは、全部、引きむしって、根絶させてしまったのです。今、うちにはフレッシュミントがございません。フレッシュミントのレシピはご自分で作成なさってくだされ。わしゃ、知らんけんね。)

 ミントソースは、あえて言うならば、日本の「きゅうりとわかめの酢の物」みたいな味のミントヴァージョンです。さっぱりした味が、肉のローストものと合う。
 でも、料理への使い方としては、日本の刺身の「薬味」のような使い方かなあ。山葵とか、しょうが、にんにく…みたいなかんじ、…かもね。

 あのーーーー。すごくエゲツナイ話、していいですか?(ダメに決まっているだろ)。
 ラム料理を食べたあとのゲップって、実は、すごく臭いんですよねえ…。「あ、羊食ったな」というくらいのらいの臭いゲップの口の吐息。でも、ミントソースと一緒に食べると、ゲップが臭くならないんだよねえ…。
 で、…で、ですねえ。わ、わたくしが推測いたしまするに、紳士淑女の国では、後々の己が排気臭をもエチケットとして考慮して、羊肉とミントを一緒に食するのではないかと…。まあ、かように考えるわけなのでございます。あくまでも、味覚のためではなく人様への迷惑をも考えて、ミントを共に食するのでは…と。そのように考えるわけなのでございます。
 いかがなものでございましょうか?わたくしの推測は、あながち間違っているとは言い難いとは・・思うのではありますが。ははははは。

 できそこないのスモーク・ラムに、ほんの少しだけ(少しだよ)、ミントソースを添えると、懐かしい英国を思い出します。(不味かったなあ…)。
 ワラジのような虹色に緑光りしている牛の肉も不味かったなあ…。ローストビーフではなく、ワラジウシ…とか、内心思ったりして。ホースラディッシュつーんだっけ、わさびみたいなやつ、日本語に翻訳すれば、なんだい?馬大根かあ?馬蕪かあ?あれ、つけると食えましたね。
 英国ポンドが、また高くなったね。30年前くらいの感じに戻ったね。懐かしくて行きたいけど、もう二度と行くことはないでしょうね。食べ物は不味かったけど、大嫌いで、でも、大好きな地だったなあ…。あの国で、肉と言えば、羊肉だったかもしれないなあ。
 懐かしいなあ……・。嫌いだけど、大好きな、私と娘の桃源郷。そして、試練の地。つらかったなあ…。でも、楽しかったなあ…。