レーズンパン


 朝夕、涼しい〜。夜、ぐっすりと眠れます。体力回復の「ほっとタイム」時期ですね。

 秋風を感じると、ほっとすると同時に、意味もなく寂しくなります。

 センチメンタルな気分は、食欲でカバーしましょう〜!(どういう論理じゃ?)

 今週は、リッチな配合のレーズンパンを教室アイテムにするつもり。奇もてらいもない、フツーのブドウパンです。

 でも、写真は、リーンな配合の山食形のブドウパン。食パン生地と同時に仕込み、生地半分を取り分けて、レーズンを混ぜ込んだ自家消費用・手抜きのシロモノ。当然、レーズン混入の方の生地は、水分が不足になり、プレーンな食パンよりも、出来悪し。

 このトーストに、ピーナツバターを塗っていただくのが好きなんです。私の個人的秋の味覚。(風情がないよな…。普通なら、マツタケとかなんでしょ?)

 本日は、水分量も増やして、リッチな副材料も配合して、教室用のレーズンパンを仕込みます。(私は、塩味でリーンな生地のパサッとしたブドウパンの方が好きなのよ。なにせ、ピーナツバターべったり塗るんだから、リーンな方が合うの)。画像更新は、明日かな。発酵が少し、ゆっくりになってくれました。二次には、そろそろホイロの出番。

 季節の変わり目。寝冷えや風邪やインフルエンザに、お互い気をつけましょう。夏バテ解消のために、しっかり食欲回復させて、夜はがっつり眠りましょうね!

 ということで、「今週の教室パン」は、後日に〜〜〜。