酵母チーズせんべい


 ピザからあふれ流れ出して、カリカリに焼きあがったチーズとか、グラタン皿の側面に焼きついたチーズとか。

 本体よりも、そんな「オマケ」が、やけに好きなんです。カリカリ焼きのチーズせんべい、美味しいですよね。

 で、そんな「オマケの味」の酵母クラッカーを作ろうと思ったのです。

 原材料の過半量が、チーズです。(細切りのナチュラルチーズをフードプロセッサーで、ガーして、粉砕したものを使っています。)

 他には、コーンスターチ、少しの小麦粉(つなぎ程度)、中種、バター、オリーブオイル、塩、砂糖少々、チキンブイヨン、ガーリック、ブラックペパーが材料です。

 チーズだけを焼いても、チーズせんべいは簡単に作れるけれど、サクッとしたクラッカースタイルにしたかったのです。

 コーンスターチをチーズのつなぎボディーにし、パン種を使って、軽い歯ごたえの浮きを出してみました。焦げやすいので、低温でじっくりと焼き上げます。

 ワインやビールにぴったりの「サクサク・ドライチーズ」(?)です。

 が、しかし、わたしゃ、肝心要のレシピ数字を書きとめ忘れました。レシピ書きのために、また、数字を確認しながら作らなきゃいけない。とほほ・・。

 ということで、レシピは「お預け」ウェイティングでございます。めんご。