野菜で捏ねるパン・今回はキャロットブレッド


 晴れました!とても嬉しいお日様の光。

 今日は、人参で捏ねるパン、キャロットブレッドです。

 ね、黄色いでしょ?人参色じゃないでしょ。

 生のすりおろしでもいいのですが、今回は蒸したものをピュレして使いました。

 生を使うと、もっと発酵が早くなってしまい、迷惑なんですよ。店をやっているときは、さっと早く行ってくれれば良かったけど。

 でも、早いと、風味に深みがなくなるからね。今はわざと、ゆっくりに仕向けています。

 それでも早くて…。30度で4時間。

 生き生きした葉のついた新ニンジンが国分寺野菜で出回っています。美味しいよ!

 新ニンジンは、生野菜サラダにしても美味しい。新玉ねぎの薄切りと合わせてね。

中種150g、小麦粉300g、塩小さじ2、砂糖大匙1、卵黄1個、水50cc、バター30g、粉砕した蒸し人参200g

 上記がレシピです。

 雨で暗い日は、(私のカメラでは)写真が撮れないので、晴れた本日、大あわてで、人参パン、かぼちゃパン、葱油餅(ツオンユービン=長ネギの折り込み生地)を作って、写真撮影です。

(明日からは、また、雨みたいなので、一度に全部の写真を載せず、ケチくさく、1種類ずつ載せる苦肉の策に出ます。)

 人参のカロチンは、油脂分と栄養吸収の相性が良いので、風味良い油脂を多めに使うと、良いでしょう。油脂を加えると、人参の生臭みや泥臭さが、甘い美味しさに変わります。

 人参は甘味が強い野菜なので、パン作りだけではなく、ケーキやクッキーなどのお菓子作りにも大いに役立ちます。

 そのせいか…。うちの娘は、赤ん坊のころから、人参がやけに好きな子でした。それとも、大好きなピーターラビットの絵本のせいなのかなあ。

 葉つきの新人参、可愛いですよねえー。私もだーい好きです。