酵素遊び報告・その2


 yuukoさんの手作り酵素で、またまた実験作。

 昨年度作成の梅干しを酵素に浸けてみた。これが、うまいんだな〜!梅干しの酸味も塩気も、ぐーんと円やかになって、こりゃイケるわ。

 梅干しおにぎりにして試食したんだけど、あまりにも美味しいので、梅干しだけををもう1個試食してみたのよ。う〜ん、いいですねー。ホンマ、こりゃいいわ。マイルド梅干しになっちゃった。ほら、よく市販品であるでしょ、蜂蜜梅干しとか。食べやすい薄味の梅干し。ちょっとあんな感じの梅干しになりました。

 酵素+塩+酢=で合わせ酢を作ってみた。落葉キノコのみぞれ和えに使ってみたのよ。うん、これもイケるぜー。(送っていただいた落葉キノコが美味しいせいかもしれない)。

 大根おろしと千切り大根を合わせてみぞれにしています。きのこは、さっとゆがいたなめこを使ってもOKです。

 この合わせ酢は酢のもの作りにいろいろ使えますね。味噌を混ぜ込むと酢味噌和えの和え地にもなりますよ。魚介類や海草を使っても美味しいし、これからは春の山野草のウドだのミツバだの使っても最高ですよね。

 健康のために飲んでねと言われたけど、(ほとんど飲まずに)、日々の食事作りの調味料として大いに重宝しております。飲むのは別のあの発酵液体の方だけだな。

 酵素は、健康飲料として、サプリみたいにいろいろと販売もされていますが、わざわざ買ってまで飲もうとは思わないなあ。
 健康のためと考えたら、逆に続かなくなる私です。体にいいこと、嫌いなのよ。健康とか聞くと、穴を掘って隠れそうになるの。不健康だって、病気だって、生きてる証拠の万人共通波乗りゲームじゃわい…と思っちゃう。

 享楽的に「おいしいから」という動機だけで、食っていたいですね。

 でも、現代人の食事は、酵素不足であるのは確かです。市販の味噌や醤油や漬物なんて、ほとんどが速醸品、もしくは殺菌食で、あれは本来的な生きた発酵食じゃないですからね。速醸は化学薬品食ですから。だから、おいしくないんです。
 外食だの出来合い品だのは、微生物や酵素面から言うと、ほとんどアウトですね。おいしくないものは嫌いです。口も体も受け付けないんだよね。だから、しょーがないから、全部手作りしている。自分で作ったものはおいしいからね。

 昔はともかく、今は手作りでしか、生きている有効な菌を摂取できないし、つまりは、酵素も摂取できないんですよね。

 そんなことを思うと、やはり、手作りの味噌や醤油や漬物を、せめて、自分の生徒にだけでもいいから伝授したいと思ってしまいます。