甘酒を使った漬物2種


 お暑うございますわねええええ〜、おほほほほ!32度ですって。

 さて、とても涼しい秋です。爽やかな冷風、そして、お米の美味しい季節です!
(ビールの方が、もっと美味しいけど)

 とても涼しい本日、米の発酵力を使った漬物を2種仕込みました。ニシン漬けとべったらっ漬けです。なにせ、32度なんだから。
大根は4%塩漬けを数日間。大根を取り出して(漬け汁は捨てて)、甘酒に大根の2%塩を混ぜ加えて大根を漬け込むだけです。好みで赤唐辛子や昆布やショウガなどを少々加えます。
 ニシン漬けの方は、みがきニシンを加えます。みがきニシンは米のとぎ汁を何度かとり変えながら2,3日とぎ汁に浸水して戻したものと、ニンジンの千切りも加えます。あとは、これに重石をのせて、べったら漬けは1週間近く、ニシン漬けは3週間ほど、涼しい場所で発酵させてできあがり。(やむなく冷蔵庫に入れて発酵させることにした。なにせ、32度なんだから。どこが秋だ。)

 明日の教室は久々に全員の顔が揃うね!うれしいなあ。とても、涼しいので、あんパンをやります。秋はやっぱー、豆と米でしょ。