惣菜ロール


 相変わらず、冷え込みが続いています。

 パン生地も寒がっております。発酵をもたつかせ、出来悪し。

 どれもこれも、ぜーんぶ出来が悪いので、この際あきらめてアップ。(するな!)

 コロッケなどの揚げ物惣菜をパン生地で包んで焼き上げたパンです。麺棒で薄く伸した生地の上に、ウスターソースやタルタルソースを塗り、フライを巻き込みます。巻き込んだ綴じ目を下にして、二次発酵。

 ポテトコロッケ、海老フライ、メンチカツ、大学イモ、春巻きなど、いろいろなフライを巻き込んで試作しました。

 やはり、コロッケやメンチカツが巻きやすかったな。巻き込みロールにするなら、薄めのだ円形のフライがいいね。

 教室で、生地の麺棒がけが、まだ手慣れていない人がいるのが心配なの。麺棒を使って成型するパンを今週のパンにしたかったわけよ。

 この生地の麺棒がけは、バターロールやクロワッサンよりも簡単です。生地は卵や砂糖やバターが入り、そこそこにリッチ。丸め生地のベンチタイムをしっかりと取ると、麺棒がけが比較的ラクです。

 冷蔵庫の野菜室くらいの室内温度では、パン生地もかなり締まって発酵します。夏は緩んで発酵するのですが、今くらいの時期が、一番「冬っぽい」締まり方。

 不思議なことに、ホイロに入れて保温しても、冬の生地は冬の生地のままで、ずーっと締まっているんです。

 春になって暖かくなったら、パン種もパン生地も春の発酵状態になって活性化するので、今しばらくの辛抱と寒さとのお付き合いですね。