トリュフ


 日が長くなったなあ…。夕方5時でも写真を撮れるようになったわ。

 ギリギリセーフの撮影とアップ。

 今年のトリュフです。

 20年以上、毎年必ずこの時期に作り続けている惰性のバレンタイン菓子。

 相変わらず、形はいい加減で不揃いでかわり映えせんがね、ぜーんぶ手でコテコテに作っています。

 第一弾はかなりの量。パック詰めが大わらわになりそうだな。

 明日の教室でも、お出しいたしますね〜。今年はガナッシュにプラリネを加えたので、中はほんのりアーモンド風味だよ。アーモンドの香りは、うちの娘好み。

 このあと、「義理人情博愛主義」精神で、あちゃこちゃのオヤジにも発送いたします。下手っぴな手作りチョコレート菓子でもしょせん、義理人情博愛主義だべ…」と見透かされていたら、相手の負担にもならないんだわさ。ははははは!

 チョコレート(ミルクチョコの場合)のテンパリング温度。50度→27度→30度ですよ。

 あと、できあがったチョコには、全体に素手で触ってはいけませぬ。

 ブルーム現象で、あとから指紋が浮き上がってくるからね。衛生手袋を着けてから、チョコに触れてください。

 では、あたしゃ、これからパッキングに入ります。

 衛生手袋、買い忘れてしもたんだわ。手にポリ袋をかぶせての作業です。

 ひどく作業しにくいです。やはり、5本指でなくっちゃ…。