糠漬けキュウリのキンピラ


 そこまで、やるのか?

 は〜い、今回は炒めちゃいました〜〜。

 糠漬けきゅうりの水気をスクリュープレスの漬物機で、ギューギューに絞り出し、パリパリになったきゅうりをごま油で、ジューッと。

 醤油とみりんを回し入れて、仕上げには鰹節と赤唐辛子。

 土佐煮風ですが、一応「キンピラ」です。

 元・キュウリとは思えぬ食感は、乾燥ズッキーニに似ています。(干しズッキーニの料理、好きです。あの不思議な歯ごたえが。)

 大根や白菜の漬物は、よく加熱料理に使うのですが、キュウリというのは初めてです。今まで、きゅうりだけは加熱調理に使う勇気が出なかった。

 悪くないですよ、このシナシナパリパリした食感。乾物料理みたいな味わい。

 このままいただいてもウマかったのですが、炒めご飯にもしてみました。(ナンプラーで味をととのえました)。

 おおーっ、何ともエスニックな味わい。どこか無国籍風。シナシナパリパリの糠漬けちゃんが、いい味を出していなすなー。

 ということで。

 またまた余剰気味になっていた糠味噌の漬物が、意味不明の無国籍風料理にリメイクされて、美味しくお腹に納まりました。