休息日


  たまっていた疲れがホッとしたん出たのか、少々頭痛気味。

 とろ〜んとした曇天の本日です。完全休業を決めつけて、頭痛でもOK日和ということにしておこう。空も曇りだし…。

 とは言うものの、今度の教室ではアイシをやろうということになったので、生徒が作りやすいように、水分少なめ(90%)の生地を試作して発酵中。90%にすると、生地に一丁前にグルテンが出て、弾力がついてくるんだねえ。水分が、たった10%違うだけでも、もう生地の性質が大きく変わる。面白いなあ。

 初校のゲラが上がってくるまでの骨休めで、ずーっと温めていた創作モノのフィクション書いて遊ぶんだ。実は、これ、1年前くらいに企画が通って、本になるはずだった原稿なのですが…。わけあって自分の方から引きあげて、お蔵入りにしちまった。今思うと残念なことをしてしまったなあ。フィクションデビューの処女作になるはずだったのになあ。まあ、自業自得っていうことです。自分のせいだ。

 書きなおしてみる。うまくいけば、日の目を見るかもしれない。一縷の望みをかける。フィクション書くの好きなんだ。

 ふーっ、体の中が熱い。内臓が熱を持ってるな。微熱があるかもしれない。頭の中も絶好調にラリっている。ほどよい浮遊感。起稿日和だ。