めーる問題その続き

LINEで送る

  メールの不調と不安定さは、やはり、vistaちゃんのセキュリティーご機嫌斜め性格のせいみたいでした。
 PCの個体として、内部環境が非常に不安定。一貫した対処法がない。メール送受信が可能な相手と不可能な相手がいるようだ。テクニカルサポートにあちこち連絡して、プロバイダにも連絡して、なんとか手を打とうとしたけど。

 しかし。だめだこりゃー。

 やむなく、セキュリティーのあれこれをアンインストールにして、セキュリティー機能を低下させてみた。これしか、もう手段はないかも…と思って。

 みなさま、しばらくyhahooのほうのフリーアドレスのほうにメールをください。そうすれば返信から入り込んで送付できる。そのほうがメール不着の危険性が低いです。セキュリティーの悪影響を受けないから。
 yahooのほうにはフリーアドレスながらも有料のセキュリティーをちゃんとつけていますから。迷惑メールも自動的に振り分けて削除してくれるし。こちらのほうが便利で本当の意味で安全手段です。

 ともかく、厳しすぎるセキュリティーの壁が何よりも一番危険なのだよ。ウィルスよりも迷惑メールよりも、もっと困る。
 春から今まで、私は新パソコン地獄ですよ。

 仕事の連絡が不通だ。重たい原稿も送付できなかった。仕事にならぬ日々。一日中、パソコンのご機嫌うかがいで、機械の相手ばかりしながらの時間が費やされる。死活問題だ。陸の孤島だよ、こりゃあ。返品したいくらいだ。(まだ、カード買いの払いをしていないけど、払いたくないよおお、もおーーーー)。
 まあ、あたりが悪かったと思って、すでにあきらめてはいるけれど。泣きそー。

 リカバリーディスクの領域不足に関してはは設定を変えて、何とか解決しました。これも余計な御世話で勝手にバックアップしてくれちゃうから起きること。突然壊れて、データクラッシュしてくれちゃうパソコンなんか、今じゃ、もう、誰も信用してねーよ。大事な原稿や写真はすぐにCDに焼きつけて自分でバックアップ取ってるよ。余計なことするなって。(チェックはずして、アンインストールにしてやったぜ)。
 勝手にバックアップして自分で自分を容量不足にしておきながら、それを警告してくるんだから。そのたびに、作業画面を邪魔されて、仕事ができなくなっちゃうんだから。
 亡霊のように浮き上がっては消える警告バルーンの数々。仕事に集中できないじゃないか。営業妨害だぜ。画面に鬼神出没する悪霊を振り払うためには、仕事を中断しなければならないのだよ。本の原稿書きなど、集中できゃーしねーよ。(私は本の原稿書きの最中に邪魔されると、ひ孫の代まで祟るほど恨む人間なのだ)。

 ところで、vistaの中身を無しにして、もとのxpを入れ直すことって、可能なのでしょうか?写真(ピクチャー)編集機能だけは使えます。これだけは進化した。まるで写真編集ソフトが入っているみたい。キープしておきたいのは、これだけだ。
 でも、ワードとメールをXPの時代に戻したい。そのほうが、ほかの人たちと安心安全に間違いなく交信できる。ワードの変換機能は最低だ。当たり前の普通の単語すら、とんでもないのけぞりものの変換になってしまう。まともな人間が使う単語とは思えないような非日本語的漢字が出てくる。
 何をどうプログラミングしたら、あのような非現実的で摩訶不思議な独創的新漢字を創作できるのか?あまりにもアバンギャルドで個性的すぎる。ある意味、ダダイズムの詩を連想してしまう。あの奇抜な変換のまま、本にしたら、もしかして、売れるかも。今まで例を見ないほど、パンキッシュで斬新な文学になるかもしれん。
 誤変換文学…。
 変換キーをたたきながら、崩壊言語を創作し、新たな新文学の宇宙を創る…。前向きに考えれば何とかなる。