パイ日和・その2


 わ〜っ!変な顔っ!

 いろいろありますね〜。笑い顔、泣き顔、とぼけ顔。チュー♡してと、唇を突き出している顔までいますよー。ふたつと同じ顔はありませんねー。

 不揃いの焼き菓子たち。これだから、酵母の焼き菓子づくりは楽しいんです〜!メチャクチャ。。。。

 あまりにも嬉しくなって、本日二度目の更新です。

 これぞ、「酵母焼き菓子」の醍醐味なのです。

 パン種をつけた生地は、いっときたりとも同じ状態にとどまってはくれません。一日目、二日目、三日目、四日目…・と、どんどん生地は発酵して変化しつづけていきます。

 ですから、同じ生地でも、焼き上げる日によって、表情の違うお菓子になります。

 写真は、元・パルミエ(源氏パイみたいな♡型のパイ)の生地を三日間ほど冷蔵庫で放置して焼きあげたものです。

 すぐに焼きあげると、源氏パイのように、(金太郎飴みたいに?)整った同じ顔になるのですがね。

 でも、三日も置けば、発酵が進んで、も〜、膨らみ方なんか、どいつもこいつも、みなそれぞれに好き勝手よ。

 ♪カラ〜ス、なぜ泣くの〜、酵母の勝手でしょ〜♪泣いても、笑っても、勝手でしょ〜♪

 お菓子づくりって、マニュアル化されていて、がんじがらめの固定形。硬ブツの頑固系こだわり職人気質が多いですね。

 お菓子づくりは、原則的に、時間の流れの変化を楽しむものではなく、マニュアルは変動的で流動的であってはいけないものです。

 でもさあ…。こだわること、固定されること、均一化されること、マニュアル化されること、私は嫌いなんです。それで、お菓子生地にもパン種を入れちゃうようになったのです。

 日々の変化が面白いですから。いっときも、同じではなく、こちらの思い通りにはとどめられない。この無茶苦茶な好き勝手な生き物が好き。

 何かに似ていると思いませんか?

 自然の中に生まれ育つ野山の草木花のそれぞれ。そして、二人と同じ人間のいない個性のそれぞれ。人皆それぞれの幸せ感の違い。

 生きているものは一日たりとも、同じ状態にとどめておくことはできません。

 これが、普通のお菓子づくりと、酵母のお菓子づくりの違いの本質です。

 私自身の意図と作為が及ばないもの。自分勝手に、変化という成長をつづけるもの。

 好きですね、不揃いのものたちが。生きているから不揃いで、思い通りにならないんでしょうね。

 子供と同じですよ。人間と同じです。野山の草木花と同じなのです。

 まあ、このようなものは、商売人の売り物にはなりませんがね。

 絶対にお金なんかでは買えない、変化の喜びを味わえるママドンナの手作り酵母お菓子を。

 子供たちにも、食べさせたいですう〜〜〜。