もうじき、12月8日がやってくるね


 寒い一日でした。

 こんな季節になると、いつも思い出します。

 いずれ来る12月8日。ジョン・レノンが、召されたあの日。

 1980年。

 あまりのショックで、泣きながら走り回った私は、その月後日のクリスマスに出産予定日だった日よりも早く、たった一人の一粒種の、娘の麻衣を立川で産んじゃった〜!

 1980年。12月21日の朝でした。きれいに晴れ渡った寒い午前でした。おひさまが、ギンギン。青すぎる冬空、白すぎる光った雲。見えるはずのないご先祖様が、私の目の前に映ったその日。

 変な年だったな。80年代の幕開け。

 ちょうど、イラン・イラク戦争が始まった年でもありました。パキスタンなんかにも戦火が飛び火してね。
 そんな折に、無知なことにも、わざわざ南周りのパキスタン経由で、仕込み種の麻衣のパパを追いかけて、世界中を飛び回った私。どこにいるかもわからない彼を私は追いかけた。彼が、たどったであろうルートを国際線の飛行機で追いかけながら。あほ。

 帰り道のわからない、長い旅でしたね。でも、イギリス・ロンドンのサウスケンジントンst.の道端で、偶然に彼を見つけた。奇跡でしたね。

 私は、ベトナム難民支援コンサートに行く途中だった。

 彼とロンドンで再会した後から、やっと妊娠に気づいたね。彼の子供を自分の中に宿していたなんて、私は知らなかった。

 で、一人で日本に帰ってきちゃって、親にも言わずに、勝手に子供を産んじゃったー。ああ、可愛い麻衣ちゃん。私も、あなたも、二人ぽっちの一人ぽっちだったかも。生まれてきてくれて、今も美しく、元気いっぱいに生きている私の娘の可愛い美しい麻衣ちゃん、生まれ来てくれて、生きていてくれて、ありがとーーーー!

 <センキョン・ベンジョマッチャ!!>(北方系の訛りで言ってみた。ロシアあたりの。。。。。)

 はは!いーじゃん、人間一人が、生きて生まれてきてくれたんだから。ダメ?

 でも、麻衣が生まれる前に、ジョン・レノン死んじゃった。

 麻衣のパパと、「ジョン・レノンの息子のショーン君の鼻の脇にあるホクロと、麻衣の鼻の脇にあるホクロが、そっくりで、同じだね、嬉しいね」(アホ)とか、言っていたよ。(関係ないか)。

 山梨の慧光寺で、ジョンレノンの命日(12月8日)に、「イマジン・コンサート」あります。コンサート開始時間は午後8時から。その前の時刻の7時からは、南インドのカレーを食す会があります。
(日帰り2000円、お泊まり7000円、お申し込み12月6日まで)。

 平和を思い、願う、コンサートです。持ち寄り楽器やドリンクもOK。詳しくは慧光寺(えこうじ)のHPを見てください。

 私は、この秋冬、行かれないです。やらなければいけないことが、たくさんあります。もし、ご興味がある方は、慧光寺へ直接」尋ねてみてください。(住職・證善=しょうぜんさん。)

 私は今日、今シーズン初の豆味噌仕込みをして、種付けしました。これは、北海道の雪の積った山の中へ、里子に行く子たちです。ソーやダイソンなんていう猫ちゃんやワンチャンがいる山の中の小さな家なんです。野性的なヤローども。。。。

 豆味噌子育て初めての、純なyuukoカーチャンが待っています。

 ちゃんと育てられるかなあ…。