久々に涼しかったね


  パンを焼きながら原稿書きをしていたら、オーブンの初期温度設定のままで忘れていて、超高温焼成ぶっとおし。みごとに真っ黒焦げなパンを2本焼き上げました。あまりにも素晴らしい黒光りなので、撮影しようと思ったのですが、夕方になり光量不足なので、ボツです。プンパーニッケルみたいに迫力あって、かっこうよかったんだけどね。画像なしです。

 昨日は企画通過の連絡を受けて、あまりにもホッとしたせいで、逆に疲れがドドーッと出てしまった。早々に、バタンキュー寝床にもぐりこみました。夕べの夕食は、ささやかな祝い膳。栗ごはんと野菜のてんぷらと茶わん蒸し。ホンマ、幸せすぎるほどに、ささやかだったけれどもね。

 出る出るとか言って、今年はついに1冊も本が出なかったからね。年に一度も出させないなんて、こんなの、この十余年、初めてだから。よほど気分的にマイっていたんだろうなあ。自信喪失とか自己嫌悪とか自暴自棄とかあきらめとか…。そんなネガティブな言葉に溺れ死にそうになっていた。我慢の限界を通り越しながら、我慢し続けていたなあ。死に体と同じだよ。挙句の果てに、くしゃみ一発で、ぎっくり腰。未だ完治していない。寝起きが辛い。

 でも、気分は復活。頑張れる。明日は雑誌の撮影。これから準備。頑張れば、たぶん腰も治るはず。(私の場合、無理を通せば病気が治る。しかし、マネしないでください。二日酔いに向かい酒!と、全く同じ、アホ丸出しの非論理的論理なのです。ただひたすら無知に、寿命を縮めているだけですから。こーいう人って多いのよねえー。)