胡麻入りのボシュカル

LINEで送る

 本日、一度目のブログで写真をのせられずに、ごめんなさい。

 薄日がちょっと射したすきに、あわてて胡麻入りボシュカルを撮りました。(明日の教室のためのサンプルパン)。

 クープで遊んで、いろいろな形にしてみた。一人で遊んでどーする?切れ目の入れ方で面白い形になって実に楽しい。(本来はこんなに遊ばずに、切れ目1本か2本くらいの穴あきの丸い揚げパンみたいなんだけど…。本来はマジメに作るべきものだと思う)。

 私はこの中央アジアのエスニック揚げパンを現在のヨーロッパやアメリカのドーナツの原型だと推測しているのだが…。ちゃいますやろか?
 ボシュカルも祝い事のときの揚げパンみたいなんだけど、ヨーロッパの揚げパンも祝日用のものでしょう。似通ったところはあるよね。アメリカンドーナツ…の場合は・・と、ああ、あれは、日常食?祝い事の意味は見出せず、肥満のための食事みたいな感じなのかなあ。ナントカとかいうアメリカンドーナツ流行っているらしいねえ。行列できるなんて、すごいなあ。うちのパンにも行列できないかな。できるわけねーよ。

 今回のパンもミキシング後に、即分割、成形に入り、一次発酵と同時に薄く伸ばしながらの成形。切れ目を入れたら常温で30分ほど放置(二次発酵)。油で揚げておしまい。簡単です。夏はこんな感じがいいねえ…。行列、できないかな?ゴマだけではなく、全粒粉、雑穀などもまぜることができますよ、この生地ならば。

 蓮根掘り報告。わたしゃアホや!本日、ハスの根をさぐったら、まだ全部細すぎるのよね。やっと気づいた。まだ葉があるうちって、根は太っていないのよね。これからの季節に根っこ(蓮根)が肥大していくみたいなのよ。で、自家製蓮根はあきらめたのです。来春まで自分の蓮根は収穫できないことを悟った。しょうがないから、お店で買うことにしました。しょぼーん。