くしゃみ一発ぎっくり腰

LINEで送る

  やってしまった…。まただ。

 朝起きがけの午前5時半。威勢良く大くしゃみを放ったとたん「ギクッ」。腰の骨のどこかが歪んだ。軽いぎっくり腰をついに勃発させたようだ。
 味噌の切り返しだの、たまり醤油絞りだの、みりん仕込みだのと、おもたいものばかり持ち続け、夕べはかなりお疲れモードだった。夕方、聖書を読みながら横たわったら最後、なかなか起き上がれなくなり、へたりきってしまった。
 歯ブラシ1本を持ちあげたとたん、ぎっくり腰を起こした年配生徒を馬鹿にして、ゲタゲタ大笑いした天罰が当たってしまったのだろうか。(ぎっくり腰を笑う者はぎっくり腰に泣く…・。)

 気合いを入れて重労働になってしまう鉄火味噌作りは、しばし延期にします。今、無理すると本格的に悪化させてしまう。作りたいけれど我慢しよう。悔しいなあ、今日はせっかく涼しくなったというのに。

 ユーラシア大陸・エスニックパンの旅も、しばし小休止。調子こいてやっていたけど、晶文社の方の本の原稿を棚上げにしっぱなしだった。これはいけない。上梓が決定しているものから優先的に書くべきだ。企画が通るか否か未だわからぬものに入れ込みすぎてはいけない。実にバランスとは大事なものである。

 ぎっくり腰。

 おかげ様で、重労働を避けなければいけないはめになってしまった。まじめに原稿を書こう。だいたいにして、チョロチョロドタバタしすぎなのだ。