みりんも仕込み終えたし…


 本日二度目の投稿。(あたしもヒマねえ〜)。

 午前10時、店が開くのを待って、米焼酎を買いに行く。が、しかし、我が財政事情を恐る恐る覗いてみると…。ぎょっ!ぐ、グワーン!

 あまりの大金に、めまいと立ちくらみと吐き気が襲ってきた。震撼すら感じた。

 卒倒しそうになる心身をかろうじて自分自身で支えながら、急きょ、予定変更。純正米焼酎など、到底買えるわけがないだろっ。やむなく、何が何だかわけのわからない(アル中みたいな、どでかい焼酎ビンのやつ)を購入。妥協とは辛いものである。

 もち米と米麹を合わせて2k、焼酎は倍量近くの3600ml〜4ℓを投入。午前中のうちに、やっつけ勝負だった(ほとんど負けている)。あとは半年ほど寝かせておくと、春になったら、かなりの量のみりんが搾れる。ないよりマシだ。私は健康食品も純正本格派なんかも嫌いだ。ハイブリットでいくぜ。

 晶文社の編集から高級そうな旨そうな、佃煮の詰め合わせセットが届いた。がまんできずに、ご飯と一緒に試食。うまかった。
 猛暑の間、眠っていた食欲が目覚めた。今年は人間並みに夏バテしたなああああ。珍しいこともあるもんだなあ〜。

 で、佃煮の箱に張り付いている手紙に、はっと気付いた。「原稿、よろしく」。げろ。

 ががががーん!…。だ、だって、
まだ、書いてないもーん。暑かったから。

 それは太陽のせい。

 い、いま、書きあげて提出しておかないと、予定の春には本、出ないじゃん。ががががが、うーうーあ、ああああ。(うーあっていいね)。(話をそらしたい)。

 明日こそ、鉄火味噌作るんだ。毎年春に作るけれど、今年の春は作らなかったからね。今、干し梅干しも作っている。そして、乾パンも作るんだ。亥年は大地震が来る年だそうです。来るかな〜?非常食の防災食品作りもいいもんだ。原稿、どうしよう。今年の秋には東京にも大地震が来るかも…っていう予測もあるかもよ。

 地震来てもいいかなーって思っている。それは、地震のせい。今年の夏も暑かったねえー。明日は少し涼しくなるみたいよ。地震、来ないかな〜。