十三夜月

LINEで送る

 お教室でした。立川・昭和公園の花火大会の日なので、かえりの電車が地獄のすし詰めのように混むかと心配で、いつもより早めに生徒をけしかけて帰した。たぶん、無事に帰宅しているはず。(大丈夫だったー?)

 まあ、大丈夫に決まってる。

 十三夜月。きれいだったので、もしかして、まだホタルいるかも?とか思って、暗い国分寺跡を探索。

 ホタル、いなかった。人も誰も、いなかった。真っ暗。すごい霊気だけが漂っていた。今まで一度も怖いと思わなかった夜の国分寺跡。真夜中ですら、一人で林の中を彷徨い歩いたものだったけど。

 十三夜月。

 今夜は怖かった。足がすくんだ。それ以上、先へは進めなかった。くるりと後ろ向き、明るい街の方向へ向かって、早足、どんどん、早足で現生へと戻る。怖かった・・。アー怖かった。

 十三夜月。

 公園のベンチで月を眺めていたら、なんだかとても安心した。そして、横たわる。疲れていたみたい。お月さま、きれいだな。ふーーーー。

 眠ってしまったらしい。。。。。はちゃー!。。。ヤベー。。。。あわてて、帰宅。

 本日のジェノベーゼ、好評だった。松の実とかペルメジャーノとか入れないシンプルソース。(入れたきゃ、使う分にだけ、そのつど入れる)。ジェノベーゼは、ペパーミントソースとともに、スモーク・ラムに添えた。

 バジルの葉50g、塩小さじ1、オリーブオイル200cc、にんにく15g。これをフードプロセッサーでガーッするだけ。あとは瓶に詰める。すぐに使わない分は、瓶ごと冷凍庫の中へ。これ、うちのシンプルバジルソースのレシピです。

 十三夜月。見上げると、窓の外にぽっかりと、今、出現しました。公園のベンチで会ったお月さま。また、会えたね。もうすぐ満月だ。