今年もセンブリ(かな?)庭に咲いたよ


 毎年、数輪咲く小花。今年も、さきほど庭で見つけました。

 センブリだと思っているのだけど…。違うかなあー?可愛い初夏の小花です。(誰か、おせーてー!)

 明日の教室のために天草煮詰めて、ところてんとか、梅シロップ寒天とか作った。もうじき、糊化生地のパンも焼き上がる。(掲載はたぶん、明日になることでしょう。ライト持っていないから、自然光撮影なので。フラッシュはたかないです)。よもぎの蒸しアンパンも、もうすぐです。天草から作る磯の香りのところてんは、マークンにも食べさせたいです。たくさん、作った。(ちょっと疲れたので、まだ4時過ぎだというのに、もう一人でビールを飲んでいる)。

 一家離散の鯉のぼり。お母さん緋鯉もついに降板したようだ。先ほどは、子供の鯉2匹だけで泳いでいた。やはり、電線に絡みついた後遺症か?風に吹かれる現役は無理だったのか?母子家庭ではなく、ついに孤児になって、5月の空を泳いでる。

 遠くから、祭りの太鼓が響いています。

 カラスちゃん。偵察なのかな。アースオーブンの上にとまって空を長々と見上げていた。剥製か置き物みたいだった。

 これはこれで、シュール。

 しかし、私にとって、一番シュールな光景だったのは、カラスの餌運びでもなく、鯉のぼりの一家離散でもない。
 それは、マークンが雨の日にふとんを背中に背負って、吉祥寺から国分寺まで、自転車こいで来たことだった。

 あの信じがたい光景と、ずぶぬれの姿は、一生忘れることはない。