クモ嫌いの方ごめんなさい!ウチの明美ちゃんを激写


 久々に画像のせたと思ったら、ろくなもの撮っていないな!と呆れられそうです。

 庭の紅葉と皐月の木にまたいで、立派な女郎蜘蛛が巣を張りました。名前は明美さんです。(勝手に命名するなという話もある)。早々に自分の体の数倍もあるでかいカマキリをゲット。明美はバックからマウントをとり、カマキリの健太郎(ともかく、勝手に名前を決めるな!)の体液をちゅくちゅく吸い始めました。健太郎はカマで空を切り、生きながらにして明美に食われ続けました。
 本日見ると、健太郎は体液のみならず、肉体の外側のほとんども食い尽くされていました。しかし、明美の細いウエストも細長い手足も全く太っていずに、明美のサイズはそのままでした。あの大きな健太郎の肉体は一体何に昇華したのでしょうか?明美は食べるという行為にそのものに、健太郎の肉体カロリーの全てを使い果たしてしまったのでしょうか?
 しかし、明美はいずれ、庭にくる野鳥のエサにされるのであろう。あんな目立つ場所に堂々とマイホームを建築してしまい、その上、ご本人もまるで工事現場の注意マークの黄色と黒の縞模様。目立つことこの上ないのです。もっと、木陰の目立たない場所に巣を張らなきゃ…。バカだなあ〜。
 と、思っている私のほうが、もっとバカですな。ともかく、いつ野鳥に食われてしまうのか気が気ではない。イライラしてきた。いっそのこと、さっさと食われてしまえ。仕事がてにつかない。さもなければ、引越ししておくれ。