(無題)

LINEで送る

昨日の冷たい晩秋の時雨に、ちょ〜センチメンタルになっていた昨日なのですが、本日はそのサボリのバチがあたってパタパタ落ち着かない一日でした。だいたいにして、冷たい雨だからといって、自宅屋内の仕事を丸一日サボるバカがどこにいる?え、はい、サボっていたのですよ。サンディーなんかのCDを一日ず〜っとかけっぱなしでね。とっかえ、ひっかえ。うじ〜っとか。
 (拙著読者の)浄土真宗・寺の僧侶の方が手作りしたビルだのワインだのが送られてきた本日。ぼやぼやなどしていられない。私も頑張らなければ。きっと、きのうの冷たい雨の中で、宅急便を出してくださったんだろうなあ…。ぐしゅ。ありがたい。密造の酒だけではなく、寺味噌もうまい。感謝。でも、私はいったい何をやっているのだろうか?
 ベルギーの修道院のビールは好きだけど、日本の寺の僧侶が作ったビールというものをご相伴にあずかるのは初めてだ。大事に冷蔵庫にしまっておいて、いつか、心して揉むのだ。(もったいなくて、すぐに一人で飲めない)。
 シュトレーン生地を仕込み、送られてきたばかりのもち米をうるかして餅つきの準備。昨日は玉葱を大なべ一杯3時間も炒めてオニオンペーストを作って、オニオングラタンスープの準備。仕事らしい仕事は何もやっていない。いいのか、こんなことで?いいのだ、これで、いいのだ。寒い。もうすぐ、寒い冬の季節なのだから。