自宅での集中トレーニング教室をひとまず終えました


 いやはや何とも忙しい連日でございました。本日は早朝より教室の準備、午前の買出し、戻って来たら、新川潤との買い物(店の最終的に必要なもの)、滑り込みセーフで午後からの教室。しかも、その教室は我が家での最終仕上げ、来週からは現場に移行します。食う寝る座る休む暇もなく、パタパタパタパタ走り回って一日が終わります。
 それでも元気で楽しく走り回れるのは、やっぱり、みんなのお陰です。店長の潤に始まり、マサヒロ、純子、みか。最初はみんな遠慮がちでぎこちなかったけれど、今はそれぞれが、そこはかとないグループワーク状態になって、大丈夫、いけるいけると、心の底で安心感が芽生え始めています。

 で、すぐ来週から現場です。もっと忙しくなる。もっと大変になる。

 これが、また、楽しみなのですねー。懲りない面々。たぶん、私が一番緊張している。潤ちゃんは相変わらず、のどかです。この全く逆で、でも、すごく似ている何かが、今のところイイ感じに絡み合って森の水車小屋みたいに、コットンカッタンと回っているようです。
 先の夢を語り合い、今の大変さをひとつひとつ地道に乗り切る毎日。経済きびしく百円ショップで消耗品を調達する日々が、みじめなことなのではなく日々の笑いネタになる一歩一夫の一日一日。「ビンボも大きな資本だよ!」「あ〜い」。「アホも売り物だよ!」「あ〜い。ごもっともー!他に売り物ありませんからね〜」。ありがとよ。

 明日からも頑張ります。月々の出し物の企画はすでに目一杯たててある。手持ちの駒も充分だ。やればできるんだよ〜と信じている。1日24時間では足りないし、1週間が7日間でも足りないくらいに。20代30代前半の若い人間たちだって、いえいえ、若輩者で未経験で経済力が乏しいからこそ、だから、できる「何か」ってものを私は身を持って知っているんだからね。

 さーて。下準備の手はずは整った。あとは現場のスタートを待つだけの私たちとなりました。このドタバタ悲喜劇は今年一杯まで続き、来年からは新展開を野望一杯に胸に抱いております。全ては「企業秘密」(?)なので、今はここに書けrません。でも、秘めた胸のうちを公開できる日も近いことでしょう。