たけのこ料理


たけのこニョキニョキ前線到来

 国分寺にもたけのこニョキニョキシーズンが到来しました。ちょっと前までは九州産のたけのこをスーパーで買っていたのに、あっという間に関東の地場モノです。史跡のお鷹の道沿いの農家に行って朝掘りたけのこを分けてもらう!

 さて、本日はたけのこ料理を2品。ひとつはお馴染みのたけのこご飯です。でも、これは北海道の母親風味のどさんこ味。たけのこ以外にほっき貝などの貝類を加えます。たけのこと貝類の甘味はなかなか相性がいいです。塩味を勝たせ醤油とみりんを少々、酒を多めにしただし汁であとは普通に炊き上げます。私は今回ははまぐりとあさりを使いました。

 たけのこと春雨のサラダ

 朝掘りのたけのこはえぐみが少ないので下ゆでしたものをサラダによく使います。
 春雨は2,3分ゆでて水洗いします。たけのこは薄切り。新たまねぎ、きゅうり、トマトも適当なサイズに薄切り。千切りにしたきくらげや椎茸やもやしをさっとゆがいたものを加えてもいいでしょう。コリアンダーや青紫蘇など、好みの香りのものも加えます。
 さて、これをボウルに入れて、醤油、みりん、酢、ごま油を各同量混ぜ合わせたドレッシングをふりかけて、ざざっと混ぜ合わせるだけ。春雨とたけのこの歯ごたえのハーモニーがなかなかオツでござんす。

 たけのこは上の柔らかい部分は厚め大きめに切り、下の固い部分に行くにしたがって薄く小さくくるのが美味しくいただくポイント。