さすがプロ広瀬の写真は違うなあ…


 昨日の教室はしっちゃかめっちゃかドンチャカ騒ぎながらも、何とか無事に撮影も終わりました。サクラ生徒の皆様も大奮闘で…どうもありがとうございました。

 広瀬カメラマンはさりげなく風のように移動しながら、淡々とシャッターを切り続けておりました。さすが、プロ。あちこちによじ登っては「動くな!」「おいこら、笑え」と命令しながら撮影する私とはまるで別のイキモノでした。
 広瀬さんが、以前に来たときに撮ってくれた写真をプレゼントしてくれました。久々にモノクロームの写真を見ました。ち、ちがうなあ〜。やはり、プロの採り方は違う。そして、やっぱり写真は白黒が一番素晴らしい表現力を発揮するなあ…。フィルムカメラに、ふと戻りたくなってしまった私です。(以前はマミヤで白黒でやっていたのですが。)

 でも、今はオモチャみたいなデジカメでしか撮影できないから、ないものねだりはやめておこう。
 ああ…でも、やはり、一眼レフのいいやつが1台ほしいなあ。