バウムクーヘン


 午前中いっぱいかかって、バウムクーヘンを焼き上げました。

 久々に焼いた「角材的木の年輪」。

 24cm角型で焼くせいで、やむなくこの形態でございます。可愛げないわ。

 今週の教室は、バウムクーヘン(やらされる)のよ。

 しばらく作っていなかったので、レシピの手直しかねて小手慣らしですわ。

 なにせ、5分毎のオーブン作業なので、他のことは何もできないのです。コマネズミのように、ちょこまかちょこまか。

 上火焼成にするため、オーブン底に天板を敷いて中に水を入れておきます。型に油を塗り、あとはひとすくいの生地をうすく広げ…焼成。これを繰り返します。難しいことは何もないのですが、まるで賽の河原つみ。

 文字通り、年輪を重ねるような気持ちで作ります。

 一応、レシピを書いておきますね。(24cm角型・高さ5cm)

無塩バター525g、砂糖525g、卵12個、薄力粉270g、コーンスターチ210g、バニラ、ラム酒適量

 パウンドケーキと同様の生地づくりです。

 冷めてから、好みでアイシングなどで飾ってもよいでしょう。焼き立てよりは、2,3日置いて味をなじませてからいただく方が美味しいです。