土曜日は、お教室でございます


 昨日に引き続き、本日もシベリアからの現場中継でお送りいたします。冬の気温が続いております。

 グワッシュ、さ、寒いぜ…・。ここは東京・国分寺ではもはやございません。

 土曜日はお教室でございます。週末には、この寒さが和らぎようです。

 夕方4時半に、明日の教室の差し替え生地を捏ねあげ、翌朝までのオーバーナイトに突入いたしました。この配合、この温度では15,6時間も放っておける鈍重な発酵の生地です。(暖かくなったら、話は違いますけど)。

 翌朝、生地の様子を見ながら保温で発酵を進め、教室開始の2時に一次発酵が完了するように調整します。

 この期に及んでレシピの数字を(気温に合わせて)急きょ変えたので、レシピはまだ書いておりません。後から載せますので、ブログでレシピを待っていてくださる方、もうしばし、お待ちください。ごめんなさい。すみません。

 寒いので、今日は春らしい料理なんざ、思いつかない本日でしたわ。

 ごぼう、人参、玉ねぎなどの野菜とともに、スペアリブと黒豆を甘酢煮にしてコトコト。お豆さん料理、台所が温まるわ…。煮汁をスープのように、スプーンで口に運べるように、薄味仕立てにしてみたわ。

 お豆さん、コロコロ食べにくいでしょ。お箸ではなく、スプーンでパクリと食べられる方がいいわ。お豆の煮汁はウマいわよね。天気が悪ので写真が撮れないけど。

 トリ肉のササミと胸肉をフードプロセッサーでガーして、チキンナゲットの生地にしておいたわ。私、ナゲットだのフライドポテトだのって、ジャンクフード大好きなの。

 パン生地づくりやマスタードクリームづくりって、卵白だけが残っちゃうのよね。

 こんな時には、ナゲット生地も(卵白入れて)作っても悪くない。チキンのから揚げの漬け込み汁にも、卵白を混ぜておくと、ふんわり柔らかく揚がるわよ。

 甘い菓子パンじゃ料理や酒に合わないと思い、クラシカルな配合でバゲット4本焼いたら、クープがヌボーッと消えて、こげ茶色の細長い棒みたいなパンになった。

 バゲットと言わなきゃバレないわ。「森の木の枝ブレッド」とかなんとかいって誤魔化そう。クープがお間抜けになっただけなので、お味は大丈夫。

 寒い寒いと言っているうちに、時期に5月になりますね。

 爽やかな風が吹き抜けるキラキラお天気の5月になるといいですね〜。