墓石色のタルト


 あまりにも寒いので、オーブンがフル稼働の日。

 こんな日には、外出したくないので、家に引きこもっていろんなものを焼きためておくのよ。

 最近、変わり映えのしないワンパターンのタルトばかりですが…。

 でも、これ、中はすんごく「変わって」いるわ。

 青カビを混ぜ込んだような奈落の底色。え、想像つかない?

 んじゃね…。墓石みたいな色。どう、想像ついた?

 原因は、冷凍ブルーベリー。生を使うと、こんな悲惨な色にはならないんですけどね。冷凍品ですと、表面に汁が滲んでいて、その色がアパレイユに混じってしまったの。

 レモン汁で赤色系の発色を試みたんだけど、少なかったみたい。冷凍ブルーベリーを250gも使ってしまったから。もっと酸度を強めるべきだった。

 後悔先に立たず。

 味は大丈夫よ。間違っても、墓石の歯ごたえでもなければ、青カビの味でもないわ。ちゃんとブルーベリーの味ですよ。

 まあ、断面図を見たとたん、若干のけぞるとは思うけど…。断面図は載せないで、表面図だけにしておくわ。

 地場の国分寺ブルーベリーが出るまで、待たなければいけなかったのね。(待てないよ、今日、めちゃ寒いんだから。ほかに、たいした材料もなかったし)。

 早く暖かくなればいいね。