牡蠣の甘味噌漬け

LINEで送る

 牡蠣の料理、こちらは和風バージョンです。

 箸休めか、ちょっとしたおつまみのいいかもと思いたって、試作してみました。

 牡蠣(加熱用)12個くらい。水洗いして水気をよく切り、鍋の中へ。酒、みりんと醤油少々を振りかけて、ふたをして蒸し煮。(生姜スライス数枚も一緒に入れておきます)。

 牡蠣に火が通り、ぷくっと膨れ上がったら火を止めます。

 牡蠣だけをすぐ別容器に取り出しておきます。(熱を通しすぎると痩せちゃうので)。

 鍋の中には牡蠣からにじみ出た汁が残っています。その汁気を煮詰めて濃縮させます。そして、甘味噌(=豆みそで作り置きしてある30〜59%糖度の甘味噌)を鍋に混ぜ加えます。これで、漬け床のできあがり。

 漬け床の中に、取り出しておいた牡蠣を入れて(半日以上)冷蔵庫で寝かせて味を染み込ませます。

 あっという間に仕込めるのですが、甘露煮を作るような気持ちで、しっかりと甘じょっぱい味にするほうが美味しいようです。ということで、甘味噌を情け容赦なくたっぷり投入しました。

 短時間の加熱ですが、味噌味の佃煮のような味わいになりました。こりゃ、ウマい。

 生姜の針などのっけて出すと、ちょっとしたお通しみたいになるね。しゃれたお味ですよ。

 2パックの牡蠣が、弁当箱サイズのタッパ1個分に収まってしまい…贅沢なおつまみになってしまいました。(カキフライに料理したら、皿いっぱいのメインディッシュになるはずだったのですがね)。

 牡蠣は味噌味とも、よく合いますね〜〜〜。カキフライより、ほっとする味です。しんみりしみじみ美味しい。冷えても美味しい。弁当のおかずにも向くと思うよ。

 豆みその旨味が決め手です。