冷蔵庫クリアランス焼き肉のタレ


 おせちづくりの前に、あたくしにはやらなければいけないヘビーデューティーの作業があるのです。

 「冷蔵庫クリアランスクッキング」。

 今年の残り物の調味料を在庫整理かねて使い果たす作業です。

 瓶の底に半端に残っている甘味噌だの練りゴマだの。ジンギスカンのタレだの中華調味料だの。コチュジャンだのトウバンジャンだの。ニンニクペーストだのチリソースだの。

 今年も、よくもまあ、こんなに調味料を作ったものだとあきれ果てるくらい、いろいろ出てくるのですわ。

 焼き肉のたれづくりに使えそうなもの全部を鍋の中に入れ、しなびたみかんやリンゴの汁を搾り入れ、ショウガやらニンニクやら、それっぽい薬味も入れ、醤油やみりんや酒も入れて。

 ことこと煮たてて一度漉し。

 漉し汁をまたことこと煮て味を整える。

 で、この段階で、すでに何度も味見しているせいで味覚が鈍くなっているのよ。どんどん濃い味になってきちゃった…みたいだわ。やばいかも。

 お休みを入れて、鼻と口を「焼肉のタレ」から引き離している最中。

 ここで頑張って続けちゃうと、ますます味を変にして、結局は失敗するのが常なのです。

 頑張ると、五感がますます鈍くなっちゃうからねえ。

 うちの教室の合言葉は「頑張らないで!」なんですよ〜。

 みなさ〜ん。おせちづくりも、そろそろ気になってきたころでしょう?

 頑張らないでねーーー。私も頑張らずに、だらだら始めますわ。