勝負パンツ


 以前、娘にプレゼントしてもらったステンレス製の鰹節削り器が、削りにくくなってしまった。

 これは刃研ぎが効くものではなく、泣く泣く諦めなければいけない。やはり、買い換えなくちゃ…。さようなら、福沢諭吉っつあん。

 ということで、本日は、いざ、立川の鰹節屋さんに出陣。

 「刃研ぎのきく鰹節削り器くださーい。あと、本枯れの腹と背1本ずつと、アゴ1袋と、枕崎の鰹節削り100gくださ〜い♪」

 職人さんが、ビミョーに刃の具合を調整してくれて、無事入手。万歳!

 やった〜!嬉しいな〜♪新品だぞ!

 やっぱ、ここぞの料理のときは、削りたての本枯れ節を使いたいもんなあー。私にとっては、勝負パンツみたいなもんだも。

 削りたては風味が違うよなあ。

 女心のランジェリー。そして、かつお削り節器だ。

 そそ、そーよ。削りたてはランジェリー、削ってあるのは木綿のパンツ。これくらい違いがあるわね、料理に使うと。

 でもね、私、あまり上手に削れないの。粉っぽくしちゃうのよ。職人さんが、わざわざ微調整してくれても、粉っぽくなっちゃうの。

 鰹節屋のオバチャンなんか、すごいよー。まるで、カンナくずか、紅の花びらかのように、ヒラヒラに削るんだよ。うらやましくてたまらない。

 鰹節削り器も新調したし、おせち料理づくりに向けて、これから鰹節削りの猛特訓を開始いたします。

 勝負だっ!

 ♪女ごころのランジェリ〜、木綿のパンツは母ごころ〜♪♪

 本日は、本枯れ節の歌で〆てみました。