ねじりねじりのフランスパン


 つむじ曲がりなのか、根がひねくれているのか…。

 ねじりねじりしたものが好きです。

 このパンも、ねじりねじり。

 無造作、無作為で、雑な感じの成形がイイわ〜。キラク〜♪

 フランスパンの中では、一番ハードルが低いんじゃないかしら。

 ハードル低いもの好きだわ〜。ハードルが高いと、私って…、その下をくぐってしまう人間なのよ。身の丈に合った低さした飛べないのよね。

 棒状に成形した生地の中央に切れ目を入れて、手綱こんにゃくを作るのと同じ要領で、生地の片側だけを何度も切れ目に突っ込んでいくの。

 ぐにゃぐにゃぐにゃ〜っと。

 すると、グネグネした細長いリングになって…どれもこれも、全部違う形になるの。

 この不揃いな好き勝手な形が、これまた好感持てるんだなあ。

 ともかく、このパンは大きかろうが小さかろうが、細かろうが太かろうが、好き勝手に作ってください。

 不定形。不節操。不摂生。

 嗚呼、なんて素晴らしい響きでしょうか。

 今週の教室パンです。