でっかすぎたぜ


 と、いうことで、お昼はジャンクフードシリーズで、ホットドッグとハンバーガーを作りましたわ。

 あのね…。先の画面で、「食べやすそう」って書いたでしょう、わたくし。

 おほほほほ、やーだー、おくさま〜。

 フランクフルト2本分の長さの、どでかいホットドッグの…どこが食べやすいのよっ!?

 分厚いハンバーグの入った高さ10cmのハンバーガーの…一体どこに噛り付けるというのよっ!?

 食べにくいったら、ありゃしなかったわ。

 パンをかじると肉が口に入らず、肉を食えばパンが入らず、思い切り握りつぶして頬張ると、野菜がドドドッとはみ出て皿に落ちるわで…。

 しょうがないので、箸(はし!でよ〜)、箸!で、崩して混ぜ込んで、パン・肉・野菜を同時に口に入れて食べたわ。

 ハンバーガーやホットドッグを箸で食べる日本人、いったいどこにいるんでしょうか?

 味も何も分かりませんでしたわよ。

 本日の教訓: ハンバーガーやホットドッグは、食べやすいサイズに作りましょう。あの手の食べ物は、食べにくくては全く意味がなく、そして、存在価値もないのです。