すっきりしない空

LINEで送る

  ぱっとしない天気が続きますねえ…。

 只今、「白いちじく、時々ひまわり、ところによりレーズン」のリーンなパンを仕込んでいる最中なのですが。

 たぶん、お日様があるうちには焼き上がらなさそうです。

 じゃりじゃりのいちじくには、クルミを合わせるのが定番なのですが、この時期にはクルミのアクが邪魔で…。ひまわりの種にしてみました。

 白いちじくは、スミルナ種のお高級なものを使いました。(ちょ、ちょっとー、お高いじゃないのよー)。

 白は、見た目のインパクトに欠けるので、アクセントにレーズンを少しだけ。

 生地は、ライ麦75、全粒粉75、フランス粉150。ということで、パン生地そのものは、ペイザン配合のバゲだわな。

 前回、みんなに試食してもらったら、じゃりっじゃりの白いちじくパン・ペイザン、なかなか好評だったので、今度のアイテムにしちゃえ〜っとばかりに。

 トルコ産スミルナ種のフィグ・ブランシュは、ワインにもパンにもチーズにも、よく合う品種です。そのまま食べても美味しいし。(んじゃ、わざわざ、パンにすることないじゃん…ってか)。

 こんな高いフィグ、そのままパクパク貪り食えないじゃないのよっ。パン生地でかさ増しをしなきゃね。

 パン・オ・フィグ・ブランシュなんて、かっこつけた名前にしたいけど、やっぱ、地のままで「白いちじく、時々ひまわり、ところによりレーズン」って名前だな。

 画像とレシピは後ほど。