コッペパン・今週の教室パン


 空模様がご機嫌斜め。風が強いのに、雲はほとんど動かずにとどまった形のまま。夕べは夜中も、風が強かったですね。明日の空は、大丈夫かな…。

(遠方から訪れる方々の交通機関が気にかかる)。

 一日遅れてしまいましたが、今週のアイテムは「コッペパン」です。

 ここのところ、変則的なパンが続いたので、パンらしいパン(?)をやりたくなって。リーンな配合にやや近い塩味のパンです。

 学校給食のパンを思い出します。(でも、最近の給食パンは、昔と違って、バラエティーに富んでいるらしいですね。給食パン=素朴なコッペパンを思いだすのは、中年だけでしょうか。)

 80g分割のお手ごろサイズ。ソーセージをはさんでホットドッグにしてもいいですしね。エゲツなく、焼きそばパンとか、海老フライドッグとか。ゆで卵&ポテサラロールにもなるしね。

 コーヒー牛乳に、ビチャビチャと浸して食べるのもおいしゅうございます。(いったい何を懐かしんでいるのか?お里が知れまする〜。)

 まあ、昔の学校給食のパンよりは、かなりリッチなお味になっておりますが。

 先割れスプーンと、ニューコーンビーフの入ったカレーシチューの味が、今となっては、とても懐かしゅうございます。

(ニューコーンビーフとは、ビーフの味はほとんどせずに、羊肉と馬肉が主原料の缶詰でした。牛乳で煮たうどん粉に、カレー粉が少し混じっているのが、カレーシチュー。なかなか凄い食べ物でした)。

 給食コンテナを開けた瞬間の、あの蒸れたような匂い。

 あのようなものを毎度食しても、子供はちゃーんと大きく育ち、50歳にもなるのです。