ほろにがい春を召し上がれ


 画像添付チャレンジ三度目の正直。ちゃーんとこのページにのりうつっておくれよ〜!

 ぼちぼちお目見えの筍の水煮とうどを手早くきんぴらにしてしまいます。うどは適当なサイズに切り分け薄切りの後に酢水にさらしてあくをぬきざるにあけます。筍も同じサイズに薄切り。軽く塩をうち油を熱したフライパンでしんなりするまで炒め、みりんとしょうゆを加えて強火で味を絡めるだけ。こてこて手をかけすぎずにささっと手早く作るほうが風味や歯ごたえが生きます。うどは皮も先端の緑の部分もぜーんぶ丸ごと使います。なかなか野趣あるお味です。(お昼ご飯の一皿に)

 で、これを食べ残したら、…。マヨネーズと刻み梅少々で和えて春巻きの皮で包んで油で揚げてしまいます。(晩ご飯の一皿に)

 春はほろにがい味を体が求めます。なにげにビールとよく合ったりして。