晴れた日にはズッキーニ乾し


 ズッキーニは意外に水分が多く、煮崩れしやすい野菜です。

 晴れた日には、ズッキーニを輪切りにしたり、縦に切ったりして、盆ざるに並べて天日干し。すると、半日〜1日くらいで、かなり水分が飛び、実がしまってきます。

 私の腕くらいの太いサイズ、でっかいズッキーニは、ごらんのとおり(写真じゃ分からないか?)赤ちゃんくらいのサイズに凝縮されます。

 これを炒める・揚げる・煮る・焼くなどの料理に使うと、味も濃く、歯ごたえも良くなり、煮崩れしにくくなるんですよ〜。

 ほんのちょっとした簡単な一手間で、もう断然違うんだから〜♪

 昨日の教室では、このズッキーニのフライをトマトと共によそいました。ハーブソルトをふりかけただけのシンプルなフライでしたが、「すごく美味しい!」と好評。

 「どうやって作るの?」ですって。・・えへへへへ。ベランダの軒下に放ったらかしておき、ちょいと萎びらせただけなんですけどね。

 1日採り忘れただけでも、でーっかくなっちゃうズッキーニ。干すだけで、とても料理しやすい素材に変身します。

 ちなみにカラカラになるまで完全に干すと、切干大根のように保存性が良くなります。

 大きくなり過ぎたズッキーニは(たぶん商品価値が下がるの?)安いですよね〜。縦切りにして、上部に箸で穴をあけ、穴に紐を通して軒下などにぶら下げておくと勝手に乾きます。(そして、小さくなります)。大量にあるときには、ザルに並べるとスペースを取ってしまうので、このように「ぶら下がり乾燥法」で。のれん代わりになって、調度いい。

 必要に応じて水で戻して料理に使います。

 ということで、特売格安の「でっかくなりすぎたズッキーニ」、さあ、買った買った!