たたきごぼうきんぴら


 地元・国分寺野菜のゴボウが出始めたので、野生的な料理を。

 とはいうものの、きんぴらごぼうなんですけどね。

 土を洗い流したものを麺棒でガンガン叩きまくり、大きめの部分は包丁でぶつ切り。

 水さらしせず(アクを抜かずに)、即(ごま油で)炒め、醤油・みりん・酒で味付け。

 こんな粗野な作り方の方が、地元の土の味と香りが生きるのです。

 今の時期の新ごぼうは柔らかいし、アクも少ないです。

 細く切り刻みたくないし、水さらしもしたくない。

 だから「そのまんまきんぴら」に。

 人参すら入れていません。赤いのは糸唐辛子。

 叩きごぼうの不揃いさが無愛想。見た目は悪いのですが、不揃いな歯ごたえが、逆に美味しさを引き出します。

 やってみなはれ、簡単ですから。ぶったたけばいいだけ。(木端微塵にはせず、手心を加えてぶっ叩くのですよ。粗野と兇暴は違います。)