食パン生地で@パン

LINEで送る

 さてさて、今さっき載せたばかり桜の花ごはんの作り方の画面を早々に更新します。

 肝心要の@の花びらパンの方です。(そういえば、うちって、パン教室だったのよねえ…。居酒屋じゃなかったんだわ。なぜか、飲み屋の女将気分なのよね。)

 パンも、花びらイメージの成形でした。

 丸めた生地をつぶして、上にハム、チーズなどを置いて半分に折り、側面を綴じます。閉じた方ではない部分に、5か所ほど深めに切り込みを入れて広げ、二次発酵させて焼き上げたものです。

 クリームパンってありますでしょ。あの可愛いグローブ形のパン。あれは、綴じ目のほうに切り込みを入れるんです。

 で、このパンは、その逆側に切れ目を入れた成形です。グローブが、花びらに変わりますでしょ。

 ホントは、もっと長く成形して、両側をくっつけると、まさしく花形になるのですがね。その際は、円形のハムではなく、長いベーコンなどをフィリングにするとよいでしょう。

 このような惣菜パンは、食べきれる分だけの成形にして、残りの生地は小型の食パンに焼き上げると無駄になりません。

 (惣菜パンや菓子パンは、すぐに食べ飽きてしまうので、プレーンな食事パンにも転用できる組み合わせにしています。)

 食パン用に作っておいた苺ジャムから連想したのでしょうか。「今度は、レアチーズケーキ作って〜♡来週のデザートは、絶対にレア〜チーズケーキ〜♪」と、教室の娘っ子からのご要望である。

 飲み屋の女将は、酵母パンから料理から調味料から漬物からお菓子まで、よろずの食べ物づくりをやらねばならぬ。

 レアチーズケーキには、苺・ラズベリー・ブルーベリーを組み合わせた3ベリーのフルーツソースが、よく合うんですよ〜!色の見栄えもバリエーション出て美しいですし、香りも良くなりますしね。(単純に、もう、その気になっている女将)。

 チョー簡単で美味しいレシピがあるので、そのうち載せましょうね。(本の仕事忙しいんだ、だから、いつになるか分かんないけど。)