夏休み教室無事終了

LINEで送る

 詩織ちゃんとコウキも参加した夏休み悪ふざけ教室はドタバタのうちに無事終了いたしました。悪がきコーキを怒鳴りつけ、どづきまわしつつ、たこ焼きパンとたこ焼きとソーセージ作り、そしてコーキはメダカすくいを行いました。たこ焼きはコーキのせいであわやドロドロか…?と思われましたが、他生徒のお姉さんたちのスペシャルテクのおかげで、何とか食えそうなものに仕上がりました。

 ソーセージ作りは無塩せきのものと、塩せきのものを用意し、塩せきのものソーセージがなかなか好評でした。(無塩せきのものも美味しかったけど)。塩せきとは、ブロック肉を塩漬けにして、それを塩抜きして常温で数時間ほど熟成(干すこと)させたもので、それを挽いて豚腸に詰めたソーセージです。フレッシュなものとは違い、きれいなピンク色に発色し、味わいも深いのです。塩漬けというたった一手間をかけるだけで、ソーセージはぐっとソーセージらしい風味になります。塩せき、無塩せきの両方を食べ比べさせたのは教室では初めてだったので、みんな「ン^^!本当に味が違うんだねえ〜。」と、なかなか神妙に味わっておりやんした。塩、そして時間のなせるワザなのじゃ。どーだ、まいったかあ!実にためになるパン教室でございます。

 で、肝心のパン。ああ、これはもう、みんな……どーでもいいわあ^^んというアホンダラ状態でございました。実に感心な方々で、人間ができておいでです。

 来週はマジメにパン作りを行いましょう。