りんごのミントジャム

LINEで送る

 リンゴジャムには、シナモンの香りを添えるのが、一般的なのでしょうが…。

 ときどきは趣向を変えて、ミントの香りで仕上げるのも爽やかですよ〜。

 リンゴを煮るときには、クローブを3,4本。加える水分は、レモン汁かダイダイの搾り汁。砂糖よりは、レンゲの蜂蜜で煮るほうが美味しい。アクが上がるので、アクすくいに大忙し。

 そして、煮上がり間際に、濃い目に抽出したミントティーを大さじ2,3杯ほど加えて仕上げます。

 すーっとした香りが立ち上ります。

 写真は煮つめの途上、ミントを入れた段階で写真を撮ったのです。が、よくよく考えれば、写真って、匂いは伝わらなかったんだ!(アホ)。(無意味な写真になってしまいました…。)

 パソコンに、「試食モードキー」とか「香りモードキー」とか、あればいいのにね。

 このリンゴのハッカジャムは、レアチーズケーキやババロア、ヨーグルトやゼリー、アイスクリームなど、冷たいお菓子に、とてもよく合うフルーツソースなんです。

 アップルパイやパウンドケーキなど、温かみのある菓子のほうには、やはり、シナモン風味のほうが合いますね。

 香りも要は使い分けでしょうか。

 ときには、ハッカジャムも、お試しください。