それは、かぜのせい・第二弾;醤油しぼっちゃった


 風邪だったのか…と、やっと自覚したとたんに、ビョー人モードです。(この2,3日間、自覚がないうちは元気だった)。(もはや、後半戦の治りかけに向かっているはずですが。)

 な〜〜〜んもやる気がおきん。寒い外にも出たくはない。

 でも、ダラダラしていてもしょうがないのです。年明けまで待とうと思っていた白醤油の一番搾りをやってみることにしました。

 ざるにもろみをあけて、滴り落ちた醤油をさらにフィルターで漉してみました。

 ありゃりゃんりゃん。フィルター通しても、濁っているぞ…。置いておけば、ワインみたいに澱が下がるかな〜?静置しているときの上澄みは透明だったのです。

 ですから、たぶん、澱が下がるはず。それまで、静置しておきます。この濁りは、たぶん、酵母の濁りでしょうね。

 1ℓほど採れました。(ビンは、市販の醤油瓶500mlを再利用して入れています。フンドーキンの木樽仕込みの醤油、市販品ではお気に入りです。空きビンをたくさん取っておき、自分で作った醤油を入れるの)。

 もろみには、まだたくさん美味しい醤油が含まれています。もう一度、塩水で漬け込んで、次に二番絞りを採ります。

 本日、粟国の塩が届いたので、もろみ(元は1200g)に300gの塩と900ccの水を混ぜ込んでみました。これも2ヶ月間ほど寝かせておけばいいのかな?

 一番目のものと二番目のものを混ぜ合わせて、白醤油の完成。

 さて、このあと、いよいよ懸案中の「酵母パン麹の白醤油」を搾ってみます。

 と、まあ、このようなことをやっている時だけ、風邪も頭痛も忘れ、元気になるわけです。