冬らしい空の日


  シトシト雨降り。部屋が暗すぎて、写真が撮れません。

 本日も、和風仕立ての柚子味噌シュトレーン、「雅」(!)を焼いています。今週の教室に来れない人たちの試食分も、焼きためておかなきゃいけないので。

 日持ちがいい〜から大丈夫。春くらいまで持つんだからさ。でも、さすがに、春はシュトレーン気分じゃないけどね。

 ということで、冬の間なら、いつでも試食できますからね。もし、出し忘れたら、要求してくださいね。ご遠慮なく。(私、物忘れがいいのよ。)

 私は、本日から、また米麹仕込み。次の撮影は「白味噌」ですって。

 白味噌は、大豆の倍もの米麹を入れて、60度くらいの高温で仕込んで糖化させる甘口味噌です。

 2週間〜1か月ほどで出来上がっちゃうけど、今から仕込んでおかなければ、撮影時の完成写真が間に合わない計算になる。

 白醤油の小麦麹も盛んに熱を持っているし。豆味噌の味噌玉は大量に乾されているし。もう、ほとんど、麹屋さんの麹むろ状態ですわ。

 これで、米麹なんかをかまっていたら、ますます豆味噌の味噌玉ちゃんたちが、ヤキモチ焼いてすねちゃうかな。

 白味噌は、豆味噌ほどには重大視していないけれど、やはり、常備しておきたいバリエーションですよね。

 特に、寒い冬は白味噌での汁もの料理もいいものです。出来上がったら、「味噌鍋」でもやろうか?

 滋賀県あたりの鍋料理みたいですけど。白菜と豚肉薄切りなどを柔らかく煮て、白味噌と、(たぶん)コチュジャンみたいな感じの薬味(赤トウガラシ、ニンニク、ショウガみたいな感じ)で味を調えるの。

 白菜の甘みと白味噌の優しい味の組み合わせが、なんとなくラブリーなのでございます。ごくっ。

 今からヨダレをたらしてどーする。その前に仕込みだろっ。