リスさんのホッペタっこ・その2


 午後5時過ぎの夕方です。

 外は、もうすでに、真っ暗です。日が短くなりましたね。午後からの陰が、長〜く伸びる時間も、ずいぶんと早くなりました。

 秋ですね〜〜〜。

 たった今、「冬眠前のリスさんのホッペタっこ」(ミューズリーセンメル)が、焼き上がりました。

 水分量85%の方です。

 アップを焦ったせいか、出来は良くありません。(撮影のための、日没時間を気にしすぎました。でも、結局は、自然光には間に合わず、蛍光灯とスタンドを灯して、写真を撮りました。)

 水分量の多いパン生地は、本当にタイミングが、難しいですね。

 バゲット型に成形した方のパン生地の焼成は、失敗しました。本来なら、成形せずに、ケース詰めか、断ち切りかで焼成に入るのが、ベターな配合です。

 コテコテと成形しているうちに、生地をいじめてしまい、底広がりのスリッパみたいなパンにしてしまいました。

 真似してはいけません。こういう生地は、コテコテ成形せずに、ガス抜きせずに、断ち切っただけで、焼き上げるほうがいいのです。

 とは、知りつつも、小型の丸パンの方でも、遊びを入れてしまいました。

 中に、半乾しにした国分寺産の「いちじく」と「柿」、そして、ローストしたクルミをムギュムギュ詰めてしまったのでした。

(写真で見えますか?ジャリジャリ食感のいちじくと、香ばしいクルミが、パン生地の中に、ムギュムギュ詰まっているのが。クープ入れのカッター代わりに使ったセンメル型の切れ目からも、いちじくの汁があふれ出しているのが。)

 乾している途中から、空模様があやしくなったので、「半乾し」です。意図したものではありません。

 お空次第、お天気次第、そして、私のボケ頭次第。あるがままよの「リスさん」のほっぺたっこパンになりました。

 でも、まあ、めんこいもんです。

 野生のリスか、キタキツネか…みたいに、飾り気のないパンになりました。

 この程度のもの。あるがままよですわ。

 明日、土曜日、教室です。みなさま、道中、お気をつけていらしてください。