ツエリッペン、何とか今、焼き上げました


 夏の終わり、秋、第一号で仕込んだ、「パンらしい、ふつーのパン」です。

 本日中に、写真は撮れないと思ったのですが、部屋の蛍光灯をつけて、強引に撮ってみました。夕方、日暮れ時の5時前です。

 雨風嵐のひどい天気の午後でした。

 今は、雨があがり、蝉が鳴いています。

 あえて、アイテム名を言うならば、ドイツパンの「ツエリッペン」です。が、でも、「エ」の部分を小さくしなきゃいけないのですが、どうやったら、エが小さくなるのか、変換の仕方がわからないので、「パンらしい、ふつーのパン」という名前にしています。

 名前がなんか、どーだっていいべ…・。

 パソコンのワード変換操作が分からずに、自分の勝手で、勝手なパンの名前にしています。(うちのパンの名前は、そのような理由で決まる。たいがいは、あまり、まともな名前ではない。)

 湿度が高すぎて(85%)、やはり、思い通りのものにはなりませんでした。

 失敗。(かなり、途中で、生地切れしました。焦った。あ、今、すごい雷が鳴り響きました。雷、大好きですが、うちのパソコンに落ちたら、困る。どこか、他の人のパソコンに落ちて。お願い!)

 ということで、ここでやめておきます。続きは、明日ということで。

 では、」皆様、さようなら。お元気で!良い雷日和をお過ごしください!

 ゴロゴロ、ピカーッ!ギャッピーン!!

 イケイケ、雷様!(うちのパソコンにだけは、落ちるなよ。どこか、よそで、落ちてください!んじゃ、雷様も、お元気に頑張ってください!イケイケー!!もっと、派手に、イケー!!!どこかに落ちろ!!!)