酵母 de おやつ


 教室での酵母マフィンを終えたというのに、私はまだ、水種生地をゲボゲボ発酵させては、ドロドロ流し込んで、遊んでいます。

 今回の生地は、溶かしバターを入れない生地です。

 蒸しパンにする場合や、揚げ物にする場合は、溶かしバターは要りませんね。くどくなっちゃうから。(それに、今は、入手しにくいですよね・・)。

 甘い煮豆入りの蒸しパン(まんじゅうみたいなもの)と、中がソーセージのアメリカンドッグです。

 イングリッシュマフィンと似たような生地;中種75g、フランス粉150g、塩小さじ1、水135cc:これをハンドミキサーで、数分ほど、ガーして、暖かいところに放っておき発酵させた水種を全量、種にします。

 発酵完了したドロドロゲボゲボの種生地に、・小麦粉150g、塩小さじ1、砂糖大さじ1〜2ほど・卵1個と牛乳を合わせて135ccを混ぜ込み、よーく、ゴチャゴチャグネグネと混ぜ込みます。

 糖分も低いし、油脂分が配合されていないし、先の水種が、メチャ発酵の早すぎるアホ種なので、おかげさんで、すぐに一次発酵してしまいます。

 教室でやった配合とは違うので、油断大敵。早すぎるので、わりと、めーわくな感じの生地です。(だから、教室ではやらないのよ。このブログ見ながら、自分でやってね。できなくて困ったら、メールちょーだい。)

 (この生地は、タイミングの幅が、広くはありません。タイミングをはずさないようにね。)

 発酵が完了したら、翌日まで冷蔵庫で寝かせて熟成させて、成型します。

 「揚げる、蒸す」なので、二次発酵はほとんど割愛しています。

 成形とは申しましても…。生地を二つに分けて、ひとつには煮豆を混ぜ込み、蒸して、あと、ひとつには、棒付きソーセージを突っ込んで引き上げて揚げました。成形、焼成、一気やりです。

 で、酵母のおやつ二品のできあがり。

 ボウル1個、ハンドミキサー、ゴムべら1本の道具だけで、5分もかからず仕込める生地なので、やってみなはれ。

 でも、放ったらかしの発酵時間は、はしょれませんよ。この生地のレシピは、単に発酵時間が短いというだけの話です。

 ほな、自分でやりなはれ。わしゃ、知らん。