はんぱじゃなく暑いです


 暗雲が過ぎ去ったあとの夏空は、半端じゃなく、暑いです。日差しは凶暴なまでの強さです。戸外で働く方々が、ご無事で安全でありますように。

 ハスのつぼみはさらに膨らみました。明日か、明後日の早朝には開くことでしょう。

 教室の試食サンプル用のフォカッチャ作りが、ダーラダーラ遅れ気味です。

 ペタペタ茶色炒め玉ねぎを作るのに、難儀しておりました。室温33度、火のついたガス台の傍らの温度は、もっと高いはず。暑くて我慢できなくなり、何度も中断。

 うちのフォカッチャは、長時間かけてペタペタになるまで茶色く炒めた玉ねぎで捏ねる生地です。ちょうど、ロースとオニオンの入ったフランスパンみたいな生地。

 いうなれば、「野菜で捏ねるパン」の一種で、早い話が、オニオンブレッドです。ハーブ、スパイス類、オリーブなどは、好みで、焼き上げる前にしつらえます。(でも、オニオンだけでも、十分においしいです。)

 ざるに、てんこ盛りにあった薄切り玉ねぎが、小さなパック1つに、縮まりました。フォカッチャのパン生地に配合するのは、15%程度ですが、元の玉ねぎの量を考えると、そうとうな量です。

 平パンに成形して、オリーブオイルを塗って焼きあげるとき、香ばしい玉ねぎの香りが漂います。

 焼きあがったら、薄く2枚にスライスして、ベーコンをはさんだり、トマトとチーズを重ねてみたり。

 リーンな配合なのに、ペタペタ茶色炒め玉ねぎの配合により、リッチな味わいのパンになります。

 ペタペタ茶色炒め玉ねぎは、カレーづくりにも役立ちます。

 ということで、欲張って、かなり多めに玉ねぎを炒めていたら、夏バテならぬ、玉ねぎ炒めバテをしてしまった。

 あー、暑かった。熱いついでで、居直って、天草を煮詰めて、今、ところてんも作っています。出来上がったものは、涼しげだけれど、これも、作るの暑いっ!