お豆さんの発酵


 チャナ(ガンバンゾ)や、ムング(マーシュ)を水で戻して、発酵させた粉砕豆を油で揚げると、とても美味しい豆団子になりますよねえ。

 肉団子より、好きです。

 豆の自然発酵が、(=ほどよく発酵させるのが)、難しいので、私は「奥の手」で、自然発酵パン種をちょいと加えて…ズルです。へへへ。

 で、今回のファラフェル、冷蔵庫に入れておいたんだけれど、1日(寝冷えの体調不良で)ロスした間延びもあり、発酵しすぎて、フワフワになりすぎちゃった。

 1日ほど浸水したチャナ(ガンバンゾ)をフードプロセッサーで粉砕して、そのフードプロセッサーの中に、塩コショウ、ニンニクすりおろし、クミン(粉)、コリアンダー(粉)、そして、少々の中種をぶち込んで、また、全体が均一に混じり合うまで、フードプロセッサーをガーして、3,4時間、常温で放置しておく。

 あとは、丸めて油で揚げるだけ。

 で、この3、4時間程度の発酵を冷蔵庫の中で、3日間くらいもやっちまったわけよ。

 そしてら、ファラフェル、フッカフカのお人好しみたいな食べやすいものになってしまった。(教室のみんなは、美味しいと言っていたけど…)失敗。

 豆団子は、もっと殺伐とした乾いた味がするものです。

 本日は、これより、「発酵種を使ったそば粉のパンケーキ」を仕込みます。

 そば粉は、普通のパンに配合するときには、2割程度しか入れられないけれど、パンケーキ生地にして発酵させる分には、たっぷりと使え、そば粉の美味しさを存分に楽しめます。

 そば粉の発酵パンケーキは、(甘くしなければ)、どんなお惣菜とも合う、素敵に手軽なホットケーキになります。

 チーズとか、トマトとか、タコスのソースとかにも合うしね。蕎麦は、日本そばの麺が一番美味しいと思うけど、まあ、たまには変なことにも使ってみましょうね。

 写真は後日ということで。

 今回は、失敗作のファラフェルでした。

 失礼いたしやんしたっす!