モロヘイヤ


 国分寺野菜に、モロヘイヤのご登場。

 黄色い花が咲いています。

 モロヘイヤは、エジプト風のスープにするのが美味しいですよ〜♪♪

 鶏肉、玉ねぎ、にんにくをオリーブオイルで炒め、水を注ぎ入れて、鶏肉が煮えるまで加熱します。みじん切りにしたモロヘイヤを加えて、一煮立ちさせたら、塩コショウ、コリアンダーのざく切り、レモン汁を加えて味を調えます。

 所要時間、10分程度。あっという間に、作れます。簡単なのに、すごく美味しい。エスニックなパン(平パンや蒸しパンなど)にも、よく合いますよ。

 最後に加えるコリアンダーの香りと、爽やかなレモン汁が、大事なポイントです。

 で、コリアンダーとレモンを買い忘れて帰ってきた。

 関係ない話だけれど。

 昨日、農文協の人たちと、仕事の打ち合わせをして、昨日の画像で載せた「失敗作」(萎んで、団子みたいにかたまった中華蒸しパン)を試食してもらったのよ。萎ませずにフワフワのほうも試食してもらった。

 そうしたら、「萎んだ餅っぽい方が、好きかも」なんて、私みたいなことを言いだすわけよ。
 やはり、我ら、モチ文化だなあ。パンっぽく、ふわふわさせたものより、きめのつぶれた「ういろう」みたいな食感のほうが、美味しく感じられるみたいなんですよ。

 みなさん。蒸しパンは、必ずしもフワフワにしなくても、いいみたいですよ。萎んで、しわ寄ったものだって、美味しいんですわ…。あれ、好きなの、私だけじゃなかったんだなあー。